ゆとりはお呼びでないですか?

平々凡々におめでたく暮らす

【ズボラだけど断捨離をしてみたら本当に快適だった】

 

来週で妊娠6カ月に入り、だんだんと胎動らしきものが感じられるようになってきました。

 

安定期に入ってくると、お腹の赤ちゃんの聴覚も発達しているようで、外部からの声を聞いているとか、いないとか。

 

夫に「ベビ子に話しかけてみて」と頼むと、相当近いところで話さないと声が聞こえないと思っているようで、私のお腹にぶつかるくらいの至近距離で一生懸命に話しかけます。なんなの、この可愛い生き物…。

 

そんなこんなで、10月末に赤ちゃんを迎えるための準備を少しずつ始めています。最初にはじめたのは「断捨離」です。

 

■断捨離をして快適な家にする(妊娠3~4カ月頃)

 

今住んでいる家は、1LDKの新築アパートで家賃は10万円弱。

駅からも6~7分ほどと近く、占有面積は45㎡ほどなので、ふたり+猫2匹で住むぶんには不自由はありません。とはいえ、家族が増えるとなるとやっぱり手狭だろうなぁと…。

 

そう思い、当初はもう少し広い部屋に引っ越そうかと考えていました。今住んでいる区は待機児童もいるし…というわけで、東京を離れた場所を検討。不動産に行くと3LDKで家賃が7万という物件が見つかり(破格!)、「ここにしよう!」とほぼ決めかけていました。

 

しかし、家に帰って改めて考えてみると、その物件が駅から徒歩15~20分であること、子どもが産まれてから夫の通勤時間が長くなって遅く帰ってくるのは不安だという思いが募り、間際でキャンセルに。

 

夫と相談し、「引っ越さないと決めたからには、断捨離をしよう!」と、決意しました。

今のリビングはこんな感じです。

 

f:id:mtdrik:20170602215449j:plain

 

f:id:mtdrik:20170602215455j:plain

 

f:id:mtdrik:20170602215500j:plain

 

↓しかし、以前はこのようにかなりごちゃごちゃしていました…。(そもそも片付いていないという)

 

f:id:mtdrik:20170602215545j:plain

 

ざっくりと捨てたものを紹介します~。

 

 

  • ソファを捨てる

同棲を始めるときに夫がもってきたソファ。ゆったりとしていて使いやすかったのですが、1LDKのリビングにはちょっと大きい…。思い切ってリサイクルショップへ出しました。だいたい1500円くらいになったかな…。今は無印良品で買ったダメクッションを2個並べています。座高が低いので以前ほど部屋もせまく感じません。

 

  • 小机(ガラステーブル)を捨てる

私が一人暮らしをしていたときにニトリで買ったガラステーブル。赤ちゃんがハイハイをしはじめたときに頭に当たっちゃったりしたら怖いなぁ…ということで処分することに。今のところは小机がなくなっても不便を感じていません。

 

  • 本棚を捨てる

夫がもってきた本棚。なかにあった本やCDも大幅に処分(ブックオフに引き取ってもらった)し、余った本棚は寝室の収納場所へ移動。

 

⇒というわけで、ソファ、小机、本棚、テレビなどの家電や家具はトレジャーファクトリーの出張買い取りで引き取ってもらいました。そんなに大した価格にはならないのですが、処分する費用を考えると引き取ってもらうほうが断然お得。トラックできてくれて査定も早いので値段にこだわらない人はオススメです。

 

  • バスタオルを捨てる

バスタオルって場所もとるし、干すときもかさばって大変。私はもともと入浴後もフェイスタオル1枚しか使っていなかったのですが、夫にもフェイスタオルデビューをしてもらうことにしました。

当初は「バスタオルがいいな」と渋っていた夫。「とりあえず1週間、フェイスタオル生活を続けてみてダメだったらバスタオルに戻そう」と提案し、結果的に「フェイスタオル1枚でもいける!」と思ってくれたようです。

 

バスタオルは洗濯機に入れてもかさばるし、干すときにも邪魔なので、だいぶ快適になりました。子どもが産まれたら洗濯物がさらに増えると思うので「フェイスタオルにしてよかった」って改めて思いそうです。

 

  • 衣類を捨てる(衣装ケースも捨てる)

衣類も大量に捨てました。というのも、衣類の入っていた衣装ケースも処分したので、収納場所がなくなり、必然的に衣類も捨てざるを得なくなったという…。(笑)

衣類を捨てられない人は、こんな強行突破もありだと思います。

ほかにも、靴や鞄も大幅に処分。だいぶ物が減り、収まるべき場所に収まっています。

 

断捨離のモチベーションを高めるために、夫と一緒に読んだのがこちらのコミックエッセイ。

 

 

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

 

 

かれこれ3~4年くらい前から気に入って読んでいます。

この漫画では断捨離のレベルを超えて、「なんにもない」という状態ですが、ここまで何もない状態を見せられると、どんどん物を捨てることができます。

 

(↓著者である、ゆるりまいさんの部屋はすごいです…!)

eyes-woman.com

 

とにかく、断捨離の何がいいって、掃除がしやすいこと!

物をどけて掃除をする必要がないのってとっても快適です。

我が家では毎週第4日曜日は断捨離の日と決め、何かしら捨てるものがないかを探すことになりました。いやぁ、捨てるって本当に快適です!