ゆとりはお呼びでないですか?

平々凡々におめでたく暮らす

【結婚して1週間後に夫の貯金額が6万円と判明】

 

あれは、入籍してから1週間後のこと。

 

私:「結婚したし、新婚っぽいことしたいね。カーテンとか買い換える?」

夫:「うーん…。お金ないし…」

私:「お金ないって言ったって、カーテンくらい買えるでしょ?」

夫:「でもカーテンって2万くらいするじゃん」

私:「え、今貯金いくらあるの?」

夫:「……6万くらい」

 

 

夫の貯金額が6万円であることを知りました。

私だって自慢できるほど貯金をしていたわけではないですが、さすがに6万という額にびっくり&絶句。

 

私:「あたしよりも収入多いのになんでそれしかないの!?」

夫:「だって…」

 

 

もともも私たちは夫婦別財布でやっていて、結婚前から共同財布をつくって、毎月10万ずつお互いに出し合っていました。夫には共同財布の管理を任せていて、そこから家賃や食費、デート代などを払っていたのですが、どうやら毎月その額が足りなかったそうで、夫は黙って自分の貯金から出していたそうです。

 

私:「なんで言ってくれなかったの!?」

夫:「なんか、言えなくて…」

 

 

と、新婚早々もめました。(笑) でも、夫に「ごめんね、戦闘力ゼロの夫で…」と言われたときに、急に笑えてきました。「お金がなくても結婚しちゃったよ…!」というおかしさ。

 

すでに1月に結婚式が決まっていましたが、しばらくふたりで貯めていけば間に合う額だと思えたのと、本当にゼロからふたりで生活を築いていけるんだなぁという、ソワソワした気持ち。

 

変なタイミングですが、このとき私は「こう思える相手と結婚してよかった」って思いました。

 

もし、結婚相手の条件に「お金がある人」とか「美人」ってついていたら、お金がなくなったときや美人でなくなったとき、関係が破綻するかもしれません。

 

でも、そうじゃない状況で改めて、やっぱりこの人面白い!可愛い!好き!って思えて、よかったなぁって呑気に思いました。(笑)

 

とりあえず働いていれば一通りのことはなんとかなると…!

 

 

ところで、この話を友達にしたところ「山崎ナオコーラの“かわいい夫”っていうエッセイ本、リズムちゃんにいいと思うよ~」と教えてもらいました。なんでも、山崎さんの夫も結婚後に貯金額が4万円だということが判明したのだとか。

 

 

かわいい夫

かわいい夫

 

 

 

枠にとらわれない考え方をする山崎さんの淡々とした文章が面白くて、すごくいいなぁと思いました。

 

そして昨日、山崎ナオコーラさんと紫原明子さんのトークショーが開かれると聞いたので早速参加してきました!

 

mtdrik.hatenablog.com